2017.10.06 Friday 22:28

続・そうだったのか帝王切開

 

前回に引き続き、実際に体験するまで知らなかった帝王切開の話です。

あくまで、個人の感想です!

 

【手術翌日から】

翌日には、後陣痛も手術の傷も、横になっている限りは治まりました。

術後はけっこうスパルタ?で、元気そうなら立って歩く練習がはじまります。

自分で立って歩いてトイレまで行けるようになったら、尿道カテーテルが外せます。

 

トイレで用を足すと、下腹がきゅうっと痛みますが、これは子宮が戻っていく痛み。

しばらくは続きます。

 

術後1回目のご飯は全粥でしたが、その次の食事からは普通のご飯。

食事の美味しい産院が増えていますので、ありがたいです。

 

術後に「ガスは出た?」と看護師さんに聞かれますが、これは「おなら」のこと。

ガスが出ていないと、手術によって腸が癒着?している可能性があるんだとか。

恥ずかしいですが、出ても出なくてもきちんと報告しましょう。大事ですよ。

 

【赤ちゃんとの生活】

母子同室も少しづつ始まります。

始めは、看護師さんが、授乳の時だけ連れてくる感じ。

 

だんだん一緒にいる時間を増やしていって、3日目くらいから基本的に一緒に過ごすようになりました。

シャワーのときなんかは、預かってくれます。

夜中など、どうしてもしんどいときも、預かってくれました。

 

【通常分娩との違い】

一番驚いたのは、下から産んだ方との回復の違いw

私は出産2日後に、赤ちゃんのお世話を学ぶための集まりに参加しました。

私は廊下を歩くのも、壁に手をつきながらそろそろと向かう…という状態だったのですが、

前日夜中に出産した方々は普通にすたすた歩いていました^^;

え?もうそんな元気なの??とびっくり。

「帝王切開は後がつらい」というのはこういうことだったんだな…と実感しました。

 

【傷跡の痛み】

入院時と退院してすぐは、ベッドから起き上がるのが一番つらかったです。

ただ、赤ちゃんを抱っこしたり授乳しているときは、痛いと感じませんでした。

集中しているからか、お腹にそこまで力を入れなくてもいいからか、どちらなのかは分かりませんがw

 

退院してからの回復も時間がかかると思います。

無理のないように。

完全に痛みが消えた(雨の日なんかに時々くる痛みもなくなった)のは、産後8か月か9か月くらいだった気がします。

 

【まとめっぽいもの】

陣痛の有無や出産後の回復など、通常分娩とは色々違う面がありますが、

帝王切開も立派なお産です。

 

「お子さんが大きくなって、自分はどうやって生まれたの?と聞かれたら

傷跡を見せてお腹から生まれてきたんだよ、と胸を張って言ってください。

命がけで出産した証ですよ」と、産院の看護師長さんもおっしゃってくれました。

 

「帝王切開なんて出産したうちに入らない」なんて言う人もいまだいるみたいですが、

そんなわけないのでw気にせずスルーですよ!w


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.