2017.09.15 Friday 00:20

田舎の病院は午後診がねらい目。娘、はじめての耳鼻科へ。

JUGEMテーマ:育児

 

鼻かぜから2週間。いまだに鼻水と咳(特に夜中の咳)がおさまらない娘。

昼間はめっちゃ元気なので、近所の小児科では「この程度なら薬はいらない」と言われましたが、

やはり夜中に、ごぼごぼ咳で泣きながら起きちゃうのは気になる…。

 

ということで、ちょっと遠いですが、隣の市の耳鼻科(保育園の先生のオススメ病院)まで行ってきました。

原因が、夜中鼻をかめないので鼻水がのどまでいっちゃう・それによる咳、なので小児科でなく耳鼻科にしました。

 

これは田舎のみかもしれませんが、病院は午後診に行くのがオススメです。

圧倒的に空いています。

お年寄りがいないからですww

お年寄りは朝早くから病院に行く方が多いため、午後診で見かけることはまれです。

同じ診療所でも午前と午後では、待ち時間が倍かそれ以上違う気がします。

田舎は少子高齢化がかなり進んでいるので、余計にこの傾向が強いのかもしれません…。

 

耳鼻科なので、耳と鼻を診られます。案の定泣く。

ただ、保育園でオススメされただけあって、先生も看護師さんも小さい子に慣れっこな様子。

問題なくすっと終わり、お薬を処方。

 

しかし、もらったお薬が大量^^; 小児科でもう薬は必要ないって言われたのに、こんなに飲ませて大丈夫か?

と思うくらい出されました。耳鼻科は薬がキツイ傾向にある気がしていましたが、やはりそうなのかも。

 

夕食後に飲ませると、甘いからか喜んでお薬を飲む娘。

まだ夜中の咳は出ますが、10日間分も処方されているので、その間に良くなるといいんだけど…。

治ってほしいけど、必要以上に薬には頼りたくない…。

ジレンマですね。笑


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.